上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年はこんなに多く咲いてくれました\(^o^)/



面白い形であり、いい色の花です。



すっかり秋らしくなり朝晩は寒いぐらいになりました。
庭しょうの住む辺りは、田畑が多く残る里山です。
田畑の畦には彼岸花が咲き、その中でお百姓さんが稲刈りや栗拾いと生が出ます。



最近、大きな木を切る仕事が多く、庭しょうとしては辛く悲しい仕事です。(>_<)
先日も大きく育ったタイサンボクを伐ってきました。
初夏には沢山の花を咲かせ甘い香りを漂わせるタイサンボクの花は良いものです。



それがこの木です。素晴らしく美しい木です。花が咲いた時を想像してみてください。
本当に伐ってしまうの?と思いませんか?電柱より高く綺麗な樹形です。

 jpg

 

成長の早い木だけにすくすくと大きくなった様子。
樹齢は35~40年といったところでしょう。

この作業は、どの職業にあたるのか?
最近、特殊伐採とか言われていますが、むやみに伐採される事も多いようです。
庭しょうは、少し疑問を感じる事があります。(+_+)
庭師になり25年、北陸で大きな庭木を剪定してきた経験豊富な者としては???が
付きます。
このタイサンボクも庭しょうとしては、まだまだ若木であり小さい木なのです。
今回は、お施主様の意向を変える事が出来ず残念な結果になってしまいました。



タイサンボク ごめんなさい。そして、ありがとう。





台風11号が去った後も雨模様は続きます。

そんな中、夏休み子供教室を開催!!
教室はお盆休みを利用して、台北から帰省中のかわいらしい御兄弟の一言から始まった。
その一言とは「Beeちゃん達が見たい! 触ってみたい!」です。

もちろんBeeのおじさんは(笑)、それに応えない訳にはいきませんっ!
大粒の雨が降り始めるお天気の中、子供教室の幕開けです\(^o^)/


自然には抗う事はできませんので、残念ながら巣箱の中を見て頂く事は出来ませんでした(>_<)

しかし、子供たちは柔軟です。
ちゃんと理由を話せば、その訳を直ぐに理解してくれます。

そして、台北からミツバチ達に会いに来てくれた訳ですから、
こちらも諦める訳には行きません(笑)

  

気性のおとなしい日本ミツバチ(外勤担当で、巣箱の外で必死に守っているBee達)
に触れてみてもらう事にした(^u^)

まずは庭しょうがお手本をみせます。

次は、いよいよ子供たちの出番です!!

自分達が怖がらず、Bee達をびっくりさせずを念頭に、ファーストタッチ!
子供たちから「Bee温ったかい!」の声が上がる(●^o^●)

触れられたBee達はと言うと、ちょっとびっくりしている様子。
でも、そこは気性おとなしさも手伝って、人間を攻撃してくる事はありません。

その後、マイナスイオンのシャワーを浴びながら、森の中のランチタイムを過ごし、野外教室は終了。

大雨という事もあり、
一瞬ではあったけど、かわいい御兄弟のリクエストに応えられたかな…
そして、夏休みの思い出づくりのお役にたてたなら、BeeKeeper冥利にも尽きると言うものです(笑)




お盆休み、皆さんご先祖様の墓参りに出かけましたか?

庭しょうの住む岐阜県の東濃地域は7月中旬にお盆を終えています。
こちらでは墓参り時によく使われるシキビ(御花の木、お墓の木)と言われる植物があります。
いつの時代から使われているのか?分かりませんが土葬で埋葬されていた頃、埋葬者を動物から守るために
頻繁に植えられた植物なのです。
このシキビ、花や葉、実、さらに根から茎にいたる全てが毒。特に、種子にアニサチンなどの有毒物質を含み、特に果実に多く、食べれば死亡する可能性がある程度に有毒です。
実際、事故が多いため、シキミの実は植物としては唯一、毒物及び劇物取締法により劇物に指定(毒物及び劇物指定令(昭和40年政令第2号)第2条第1項第39号「しきみの実」)されています。

   


早いもので八月上旬、かなりブログ更新を怠けてしまいました。
世の中はお盆休みですが、このタイミングで大きな台風が接近しています。
台風といえば、やはりお客様のお庭の心配があります。
そして、庭しょうの子供たちであるBee(ミツバチ)達も心配です。どちらも大丈夫かな~?

先週からブルーベリーの収穫をしています。大粒で甘くておいしい庭しょうのブルーベリー(^u^)
25本程、中型のプランター鉢で3種類を管理し、今はティフブルーの収穫時期ですが、
この台風で収穫被害がでそうです。((+_+))残念

雨に当たると実が割れやすい品種だけに、この台風の影響は大きいな~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。