上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜんぜん雨が降らない!
皆さ~ん、庭木に水をやってくださいよ~。たっぷりと!

8月5、6日以来お湿りもなく土はカリッカリです。
庭しょうも干しゴボウ状態(T_T)

それでも、朝から石材加工に精を出します。


こちらの御影板石に、
まずは、均等に穴を空けていきます。

既に流れる汗はナイヤガラの滝状態(>_<)


そして、石割り道具のセリ矢をセット。
この時のセリ矢の入れ方にはコツが要ります!



横から見るとこんな感じかな。
上に突き出ているのが、矢になります。
そして、その矢を叩くと、



パックリ!! 
こんなにきれいに割れました☆

写真ではパックリ感がいまいち伝わりませんが、
長尺の板石が縦半分にきれいに割れましたっ!

う~ん、しかし庭しょうのボロ携帯のカメラでは、
灼熱感全然伝わらず・・・((+_+))

加工した石材の使い道は、追って紹介していきます。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト石割り

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。