上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しております・・・
いつの間にか山笑う時もすっかり過ぎ、
今日は八十八夜。季節の移ろいは早い々(>_<)

山笑うとは俳句における春の季語で、
春の山の明るい感じを言いますが、
イメージとしては、新緑が芽吹き始め、山肌が明るい緑色に変わってくる、
そんな感じでしょうか。この時期の緑色・・とっても好きです。




そして、八十八夜と言えば、新茶!おいしい新茶が戴けるのが、
今から楽しみだ。

庭しょうはと言えば、
木に登ったり、脚立に登ったり、屋根に登ったり!?して、
剪定作業をこなしております。




こちらのお宅は、しばらく伸ばしっ放しになった木が数本。
木の状態を見ながら、強剪定をしていきます。
となると、大変なのは下で作業をするワイフ。

容赦なくガンガンと枝葉を切り落としていきますが、
ゴミの量と言ったら半端じゃありません。
それを軽トラに積み込むワイフ、早くも顎が上がり始めた((+_+))
となるのも時間の問題。この日も軽トラの荷台はパンパン。
まぁ、顎が上がるのも仕方ないか。

明日からGW後半、良い休日を!
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト八十八夜

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。