上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年が明け、小寒・大寒のこの時期は現場仕事が小休止。

その間にやっておかなければならない、雑用はいっぱい。

薪割りもその一つ。

立ち枯れのコナラノキを倒し、まずは玉切りに。
その後、せっせと割る訳ですが・・・
これが、結構な重労働。

割った蒔きは、1年~2年程しっかりと乾かし、
我が家の薪ストーブの燃料に!

大変な仕事ではありますが、ワイフと共にせっせと準備をします。

どんどんたくましくなるワイフ(>_<)
石の上にも3年・・・ワイフがこのサイズ↑の蒔きを割れるようになるまでに3年は掛ったでしょうか。
うまいこと割れず、随分と投げやりになっていた事もあった様な・・・
今はしっかりとした戦力になりました!
逆切れされたり((+_+))・・・指導係の庭しょうも大変でした~。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトせっせと

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。