上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっかり秋らしくなり朝晩は寒いぐらいになりました。
庭しょうの住む辺りは、田畑が多く残る里山です。
田畑の畦には彼岸花が咲き、その中でお百姓さんが稲刈りや栗拾いと生が出ます。



最近、大きな木を切る仕事が多く、庭しょうとしては辛く悲しい仕事です。(>_<)
先日も大きく育ったタイサンボクを伐ってきました。
初夏には沢山の花を咲かせ甘い香りを漂わせるタイサンボクの花は良いものです。



それがこの木です。素晴らしく美しい木です。花が咲いた時を想像してみてください。
本当に伐ってしまうの?と思いませんか?電柱より高く綺麗な樹形です。

 jpg

 

成長の早い木だけにすくすくと大きくなった様子。
樹齢は35~40年といったところでしょう。

この作業は、どの職業にあたるのか?
最近、特殊伐採とか言われていますが、むやみに伐採される事も多いようです。
庭しょうは、少し疑問を感じる事があります。(+_+)
庭師になり25年、北陸で大きな庭木を剪定してきた経験豊富な者としては???が
付きます。
このタイサンボクも庭しょうとしては、まだまだ若木であり小さい木なのです。
今回は、お施主様の意向を変える事が出来ず残念な結果になってしまいました。



タイサンボク ごめんなさい。そして、ありがとう。




スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト誰の仕事

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。